2歳死体遺棄事件 初動対応に問題 苫小牧市が検証 /北海道

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2020年11月、苫小牧市内のアパートで当時2歳の男児の遺体が見つかり、母親が死体遺棄罪で執行猶予判決を受けた事件で、市は事件前の親子への対応を内部で検証し、「初動対応に問題があった」とする結果を25日に発表した。

 市によると、母親が住んでいたアパートの管理会社は19年11月~20年11月、母親の…

この記事は有料記事です。

残り143文字(全文293文字)

あわせて読みたい

注目の特集