ポケモンと古生物、くらべて 「化石展」人気、全国巡回も 三笠市立博物館 /北海道

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「ガチゴラス」の骨格をイメージした模型を説明する相場大佑さん=北海道三笠市立博物館で
「ガチゴラス」の骨格をイメージした模型を説明する相場大佑さん=北海道三笠市立博物館で

 人気ゲーム「ポケットモンスター(ポケモン)」に登場するキャラクターとそれに類似した古生物の化石などを見比べられる特別展「ポケモン化石博物館」が三笠市立博物館で開かれ、人気を集めている。

 企画したのは同博物館の相場大佑主任研究員(32)。相場さんが小学生のとき、初めてポケモンのゲームソフトが発売され、自身も夢中に。もともと生き物が好きだったこともあり、多くのキャラクターと実在の動植物が似ていることに気付いた。図鑑をめくり丹念に見比べることで、科学研究に必要な「観察」と「比較」の意識が自然に身に付いたという。

 横浜国立大大学院の博士課程で古生物の研究に取り組み、同館に就職後の2019年2月に「ポケモンと古生物を比べる展示会をやりたい」とポケモンを手掛ける任天堂の関連会社「ポケモン」(東京)にメールを送ったところ、同社から快諾を得た。

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文747文字)

あわせて読みたい

注目の特集