「幻の魚」イトウ大量死 暑さと雨不足で酸欠か 宗谷地方 /北海道

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
北海道猿払村の猿払川水系で見つかったイトウの死骸=黒田充樹さん提供
北海道猿払村の猿払川水系で見つかったイトウの死骸=黒田充樹さん提供

 道北・宗谷地方の河川で今夏、「幻の魚」とも呼ばれる絶滅危惧種の大型魚イトウの死骸が多数見つかっている。専門家によると、記録的な暑さによる水温上昇と雨不足に伴う渇水で、酸欠死した可能性が高い。地元保護団体も川の水位が平年並みに戻るまで釣りの自粛を呼び掛け、警戒を強める。

 保護活動などに取り組む「猿払イトウの会」の川原満さん(51)は8月上旬から、猿払村の猿払川水系で計約40匹の死骸を発見した。川には腐敗臭が漂い、周囲には動物に食べられた後の骨などが散乱。生きた個体も見つけたが「ぷかぷかと浮いているだけで、弱って方向感覚がないのか岸にぶつかる魚もいた」と振り返る。15年の活動の中で初めて見たといい「気候変動の影響を目の当たりにしたようで、ショックだった」と声を落とす。

 気象庁によると、猿払村浜鬼志別の観測所では7月、1979年の統計開始以降、平均気温が最も高い18・9度を記録。降水量も2番目に少ない8・5ミリだった。

この記事は有料記事です。

残り453文字(全文866文字)

あわせて読みたい

注目の特集