特集

秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋季高校野球

県予選 9月4日開幕 65校58チーム、対戦決まる 組み合わせ抽選会 /群馬

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
秋季関東地区高校野球大会県予選の組み合わせ抽選会でくじを引く各校の担当教員ら=前橋市の県立前橋工業高で2021年8月30日、川地隆史撮影 拡大
秋季関東地区高校野球大会県予選の組み合わせ抽選会でくじを引く各校の担当教員ら=前橋市の県立前橋工業高で2021年8月30日、川地隆史撮影

 9月4日に開幕する第74回秋季関東地区高校野球大会県予選(県高野連主催、毎日新聞前橋支局など後援)の組み合わせ抽選会が30日、前橋市の県立前橋工業高であり、出場する65校58チームの対戦カードが決まった。決勝は桐生市の小倉クラッチスタジアム(桐生球場)で10月3日に予定されている。

 夏の県大会を制した前橋育英と、準優勝の健大高崎は11日に登場する。合同チームは「前橋西・尾瀬・嬬恋・松井田」と「玉村・富岡実」、「四ツ葉・榛名・下仁田・板倉」。中央中等と万場、長野原は部員不足のため、不参加。昨年はシード枠は設けなかったが、今年は西毛・中毛・東毛の各地区大会が行われたため8チームがシード枠で出場する。

 決勝に進出した2校は茨城県で10月に開催される関東大会に出場する。県予選と関東大会の成績は来春のセンバツ出場校の選考で重要な参考資料となる。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、学校関係者を除き、一般客の入場はできない。【川地隆史】

【秋季大会2021】

時系列で見る

あわせて読みたい

ニュース特集