府立3高、閉校へ 島本、茨田、泉鳥取 3年連続定員割れ 25年3月 /大阪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 府教委は30日の教育委員会議で、府立高の再編整備の方針をまとめた。3年連続で定員割れが続く島本(島本町)、茨田(まった)(大阪市鶴見区)、泉鳥取(阪南市)の3校が近隣校に吸収される形で統合し、2023年度入学者から募集を停止。22年度の入学者が卒業する25年3月で閉校となる。

 島本は阿武野(高槻市)、茨田は野崎(大東市)、泉鳥取はりんくう翔南(泉南市)に統合される。府立学校条例では3年連続で定員割れし、志願者数の改善が見込めない高校は統廃合など再編整備の対象となる。府教委による…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文607文字)

あわせて読みたい

注目の特集