木造観音像など三原市重文に 三原城の石垣図面も /広島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
広島県三原市重文に指定された「木造観音菩薩立像」=広島県三原市教委提供
広島県三原市重文に指定された「木造観音菩薩立像」=広島県三原市教委提供

 三原市教育委員会は、東旭院(とうきょくいん)(小坂町)が所蔵する市内最古級の「木造観音菩薩(ぼさつ)立像」など3点を市重文に指定した。

 木造観音菩薩立像は高さ104センチ。腰布や裾に大小の波を交互に施す翻波式衣文(ほんぱしきえもん)があり、平安前期の9世紀半ばごろの制作とみられる。同じく東旭院所蔵…

この記事は有料記事です。

残り171文字(全文321文字)

あわせて読みたい

ニュース特集