特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

米史上最長の戦争、混乱のなか終結 アフガン駐留米軍、撤収完了

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
アフガニスタンの首都カブールの国際空港で、米軍の輸送機に乗り込む米陸軍司令官。暗視カメラの画像より=カブールで30日、米軍提供・AP
アフガニスタンの首都カブールの国際空港で、米軍の輸送機に乗り込む米陸軍司令官。暗視カメラの画像より=カブールで30日、米軍提供・AP

 バイデン米大統領は8月30日に声明を発表し、「20年間にわたるアフガニスタンでの米軍駐留が終了した」と宣言した。2001年9月の米同時多発テロをきっかけに始まった「米史上最長の戦争」は終結したが、掃討を目指したイスラム主義組織タリバンの復権を許し、8月中旬以降、米国人ら12万人以上が慌てて国外退避するなど混乱の中での米軍撤収となった。

 バイデン氏は30日の声明で、首都カブールの国際空港からの米国人やアフガン人らの退避について「米軍は米史上最大の空輸を実行した」と強調。駐留を延長せずに31日の期限までに撤収したことについて、「軍の任務を終了することが米兵の命を守り、今後数週間~数カ月間に退去を希望する民間人のために最善の方法だった」と主張した。

この記事は有料記事です。

残り792文字(全文1118文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集