怒鳴る、触る…7割が経験した「介護ハラスメント」 現場で起きていること

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
介護ハラスメントの実情について語る訪問ヘルパーの藤原るかさん=東京都港区で、中川友希撮影
介護ハラスメントの実情について語る訪問ヘルパーの藤原るかさん=東京都港区で、中川友希撮影

 介護サービスの利用者やその家族から、職員が怒鳴られたり、体を触られたりする「介護ハラスメント」の被害が絶えない。職員の7割超が被害に遭ったとの調査結果もある。少子高齢化で介護職員の需要が高まる一方、こうした実態を放置すれば離職を招いて現場の人手不足を加速させかねない。事業者や国は職場環境の改善にどう向き合うのか。

介護で密着した時に……止める人いない「密室」

 「ハラスメントは日常。一つ一つハラスメントと言っていた…

この記事は有料記事です。

残り1844文字(全文2052文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集