防衛省、石垣島の新部隊に110億円 中国対策で概算要求

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
防衛省=東京都新宿区で、小川昌宏撮影
防衛省=東京都新宿区で、小川昌宏撮影

 防衛省は31日、2022年度予算の概算要求で、沖縄県・石垣島への地対艦・地対空ミサイル部隊など(570人規模)新設に110億円を盛り込んだ。防衛省は海洋進出を強める中国を念頭に南西諸島へのミサイル部隊配置を進めており、部隊増設で防衛体制を強化する。

 防衛費の概算要求は21年度当初予算比2・6%増の5兆4797億円。分割払いの「後年度負担」を過去最大の2兆7963億円とし、装備品の調達を加速。研究開発費も過去最大の3257億円を要求した。

 配備を断念した陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の代替として導入するイージス・システム搭載艦に関しては、運用方針などが定まっていないとして建造費の計上を見送った。陸上イージスで使用する予定だったレーダー「SPY7」の洋上転用に必要な改修費58億円は要求した。

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文607文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集