「撮り鉄」脇見運転で死亡事故 48歳被告に有罪「申し訳ない」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
福岡地裁小倉支部=北九州市小倉北区で、成松秋穂撮影
福岡地裁小倉支部=北九州市小倉北区で、成松秋穂撮影

 北九州市八幡西区で2020年11月、高齢の男性が車にはねられて死亡する事故があり、福岡地裁小倉支部は8月31日、自動車運転処罰法違反(過失致死)の罪に問われた会社員の男性被告(48)=同区=に禁錮1年4月、執行猶予3年(求刑・禁錮1年4月)の判決を言い渡した。事故現場はJR筑豊線付近の道路で、被告は8月17日の初公判の際に「趣味で列車の写真を撮るために(撮影スポットの)踏切に向かっていた」と証言していた。筑豊線では事故当日、旧国鉄時代から運用され、クリーム色に朱色のラインが入った人気のディーゼル車両「キハ66・67形」が運行されていた。

 判決などによると、被告は20年11月8日午前10時半ごろ、八幡西区折尾2で脇見をするなどして安全確認が不十分なまま、時速約20キロで乗用車を漫然と運転。散歩していた同区の無職男性(当時78歳)に気付かず衝突して転倒させ、車の下に巻き込んだまま約49メートル引きずり、外傷性ショックで死亡させた。

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文869文字)

あわせて読みたい

ニュース特集