特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

北海道、都市から町村部へ感染拡大 「現役世代の接種カギ」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
北海道庁=石川直人撮影
北海道庁=石川直人撮影

 北海道内は8月、学校や職場で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が多発した。だが、前月から続く「第5波」は下旬から改善の兆しにある。

 クラスターは事業所で過去最多となる47件(30日時点)あり、494人が感染。学校では7月の倍以上となる20件に上り、394人が感染した。50代以下のワクチン接種率が3割に満たないことが要因とみられる。一方、医療施設や福祉施設は計28件で、5月の3分の1に減少した。

 デルタ株への置き換わりが進み、8月上旬の新規感染者数は連日増え、18日には8月最多の595人に達した。しかし、25日以降は7日連続で前週の同じ曜日を下回るなど減少に転じ始めた。

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文878文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集