結婚後は米国在住見通し 宮内庁幹部ら「一度は帰国して会見を」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
眞子さまと小室圭さん=2017年9月3日(代表撮影)
眞子さまと小室圭さん=2017年9月3日(代表撮影)

 秋篠宮家の長女眞子さま(29)と小室圭さん(29)の結婚が実現する見通しとなった。秋篠宮さまが求められた「多くの人が納得し喜んでくれる状況」とは言いがたいものの、家族が抱えていた金銭トラブルの経緯を説明した文書を小室さんが公表したことに加え、就職のめども立ったことが事態を動かした。

 眞子さまと小室さんは結婚後、米国に在住する見通しであることが明らかになった。皇籍離脱の際に支給される一時金については、眞子さまは辞退する意向を漏らしているという。政府は法律的に可能かどうか今後検討する方針だ。

 小室さんが今後、帰国して記者会見などで金銭トラブルについて話をする機会があるかどうか「現時点ではわからない」(宮内庁幹部)という。幹部の一人は「一度は帰国してお二人そろって記者会見をするなりして、国民に向けてきちんと語る機会を設けるべきだ」と強調する。

 小室さんは…

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文792文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集