特集

東京パラリンピック

東京パラリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

滑るコート問題 ゴールボール日本総監督「誰が責任とるのか」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「滑る」との指摘が相次いだゴールボール会場のコート=幕張メッセで2021年8月25日、宮間俊樹撮影
「滑る」との指摘が相次いだゴールボール会場のコート=幕張メッセで2021年8月25日、宮間俊樹撮影

 東京パラリンピックのゴールボールのコートに「グリセリン」を含む消毒液が使用されていた問題で、日本代表の市川喬一総監督は1日、千葉・幕張メッセで取材に応じ「選手の安全を守れなかった。誰が責任を取るのか」と大会運営を批判した。

 グリセリンは主に手指の保湿のため消毒液に配合され、床の消毒には適さない。新型コロナウイルスの感染対策として使用された消毒液でコートが滑り、日本選手が転倒する事態が起きていた。

 市川氏によると、大会前の練習時からコートが滑ることを運営側に指摘してきたという。「テスト大会で(普段のコートの)状況を知っている。『グリセリンが塗ってある』と言ってきたのに相手にされなかった」と明かし「選手の安全を確保できない大会なんてあり得ない」と訴えた。

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文541文字)

【東京パラリンピック】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集