特集

東京パラリンピック

東京パラリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

ゴールボール女子、監督の誕生日に白星 20歳の愛弟子が祝砲4発

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【日本-イスラエル】後半、ゴールを狙う萩原紀佳=幕張メッセで2021年9月1日、佐々木順一撮影
【日本-イスラエル】後半、ゴールを狙う萩原紀佳=幕張メッセで2021年9月1日、佐々木順一撮影

 東京パラリンピック第9日は1日、ゴールボール女子の準々決勝が千葉・幕張メッセで行われ、1次リーグD組を3位で通過した日本はC組2位のイスラエルを4―1で破り、2大会ぶりとなる準決勝進出を決めた。

 伸び盛りのチーム最年少が圧巻の攻撃力を披露した。20歳の萩原紀佳が全4得点をもたらした。「すごく不安があった。勝てたことがうれしい」。重圧から解放された試合後、涙を浮かべて喜んだ。

 試合前に立てた綿密な作戦が、若い力を引き出した。ライトが定位置の萩原は本来の右側からでなく、センターの浦田理恵とポジションを入れ替え、中央からの投球を続けた。事前の分析から、イスラエルの防御ラインが崩れると見抜いていたのだ。

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文745文字)

【東京パラリンピック】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集