特集

東京パラリンピック

東京パラリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

ボッチャ杉村英孝、序盤で大技「ライジング」 一気に金への流れ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【個人(脳性まひBC2)決勝】第2エンド、投球する杉村英孝(中央)。左はタイのウォンサ=有明体操競技場で2021年9月1日、徳野仁子撮影
【個人(脳性まひBC2)決勝】第2エンド、投球する杉村英孝(中央)。左はタイのウォンサ=有明体操競技場で2021年9月1日、徳野仁子撮影

 東京パラリンピック第9日は1日、ボッチャの個人(脳性まひBC2)決勝が東京・有明体操競技場で行われ、杉村英孝(39)=伊豆介護センター=が、2016年リオデジャネイロ大会優勝のワッチャラポン・ウォンサ(タイ)を破り、日本勢初の金メダルを獲得した。個人でのメダルも日本選手初の快挙。

 背中を追い続けた世界屈指の強豪を大一番で封じた。普段は感情を表に出さない杉村だが、勝利が決まると自身の後方で試合を見守っていた内藤由美子コーチと拳を合わせて笑い、抱擁されて涙ぐんだ。「コーチと取り組んできたことを一つ一つ出せた。(金メダルは)すごく重みを感じる」

 相手は2016年リオデジャネイロ・パラリンピックの覇者ウォンサ。第1エンドで一気に流れをつかんだ。杉村は3球目で密集の上にボールを乗せ、目標球にピタリとつける大技「ライジング」を披露。ウォンサはこの密集を取り崩してからの立て直しに投球数がかさみ、目標球に寄せきれないまま全6球を投げ終えた。

この記事は有料記事です。

残り617文字(全文1036文字)

【東京パラリンピック】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集