コロナ対策に1000万円 三セク「森物語村」 黒滝村に寄付 /奈良

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
辻村源四郎黒滝村長(中央左)に寄付の目録を渡す「黒滝森物語村」の辰巳繁副社長(中央右)。左端は橋本正博議長、右端は野崎裕太取締役総支配人=黒滝村役場で、堀川剛護撮影
辻村源四郎黒滝村長(中央左)に寄付の目録を渡す「黒滝森物語村」の辰巳繁副社長(中央右)。左端は橋本正博議長、右端は野崎裕太取締役総支配人=黒滝村役場で、堀川剛護撮影

 黒滝村のホテル「森の交流館」を運営する村の第三セクター「黒滝森物語村」(社長=辻村源四郎村長)は8月30日、売り上げの中から1000万円を村に寄付した。同社は赤字続きでホテルが2015年に一時閉鎖。経営立て直し後は黒字続きで、辰巳繁副社長は「利益を生む会社に成長することができた。新型コロナウイルス対策などに役立ててほしい」と話…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文414文字)

あわせて読みたい

ニュース特集