特集

2021自民党総裁選

岸田文雄首相による新内閣が発足しました。内閣について考察した記事や各国の反応をまとめています。

特集一覧

自民総裁選 追い込まれる菅首相 二階氏交代にも党内冷ややか

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党の二階俊博幹事長との会談を終えた菅義偉首相=東京都千代田区の同党本部で2021年9月2日午後4時11分、竹内幹撮影
自民党の二階俊博幹事長との会談を終えた菅義偉首相=東京都千代田区の同党本部で2021年9月2日午後4時11分、竹内幹撮影

 菅義偉首相が、9月17日告示、29日投開票の自民党総裁選を前に追い込まれている。首相は3日の臨時党役員会、総務会で人事への一任を取り付け、6日にも政権浮揚を期待して二階俊博幹事長らを交代させる予定だ。だが、党内からは人事刷新に「首相の個利個略だ」などと冷ややかな声が噴出。首相の求心力低下で「菅降ろし」を求める声が収まらず、再選戦略は揺らいでいる。

 首相は2日、自民党本部で二階氏と会談し、総裁選に立候補する考えを伝えた。二階氏周辺は「総理はやる気満々だった」と話す。

この記事は有料記事です。

残り700文字(全文935文字)

【2021自民党総裁選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集