特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

タリバンと抵抗勢力、和平協議決裂か 内戦懸念 トップ会談に望み

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
戦闘訓練をする反タリバンの抵抗勢力=アフガニスタン北部パンジシール州で8月30日、AP
戦闘訓練をする反タリバンの抵抗勢力=アフガニスタン北部パンジシール州で8月30日、AP

 アフガニスタンの実権を掌握したイスラム主義組織タリバンと、北部パンジシール州を拠点とする反タリバンの抵抗勢力の間で続いていた交渉団レベルの和平協議が1日、失敗に終わった。交渉に関わった関係者が毎日新聞の取材に明らかにした。数日以内にも双方のトップレベルがタジキスタンかパキスタンで会談する方向で調整が進んでいる。この関係者は、会談が実現しなかったり、妥協点を見いだせなかったりすれば「内戦になる可能性が高い」と指摘する。

 抵抗勢力は、かつてタリバンと戦った「北部同盟」の故マスード司令官(2001年に暗殺)の息子、アフマド・マスード氏が率いる。タリバンに打倒されたガニ政権で第1副大統領だったサレー氏…

この記事は有料記事です。

残り677文字(全文978文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集