ウーバーイーツ、留学生の配達員登録停止「法令順守を担保できず」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「ウーバーイーツ」の配達員=神戸市で7月
「ウーバーイーツ」の配達員=神戸市で7月

 食事宅配サービス「ウーバーイーツ」を運営するウーバーイーツジャパン(東京)が、「留学」の在留資格を持つ外国人の新たな配達員登録を停止したことが2日、関係者への取材で分かった。

 同社は各地に設けた事務所で外国人配達員の在留資格を半年ごとに対面で確認し、留学生は所属する学校などに在籍確認をしていた。停止の理由について、取材に「確認に膨大なリソース(経営資源)が必要で法令順守を担保できない」と説明している。

 関係者によると、登録停止は8月25日付。新型コロナウイルス感染拡大の影響でアルバイトが減り、配達員の仕事で生計を立てている外国人留学…

この記事は有料記事です。

残り1137文字(全文1407文字)

あわせて読みたい

注目の特集