戦争の教訓はコロナに生かされているか TBSラジオと共同イベント

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
イベントはオンライン上で開かれ、白熱した議論が展開された=2021年8月11日撮影
イベントはオンライン上で開かれ、白熱した議論が展開された=2021年8月11日撮影

 毎日新聞社とTBSラジオ「荻上チキ・Session(セッション)」は8月11日、共同でオンライントークイベント「戦争とコロナ~わたしたちはその時、何を信じたか~」を開催した。今年も終戦記念日(76回目)をコロナ下で迎えることになったことから、「戦争」と「コロナ」をテーマに、共通点や違いを語り合うことで教訓を考えようと企画した。司会はセッションのパーソナリティーの評論家・荻上チキさんが務め、毎日新聞からは大治朋子、栗原俊雄、伊藤絵理子の3記者、TBSラジオからは澤田大樹記者が登壇した。【構成・山本有紀】

この記事は有料記事です。

残り4146文字(全文4400文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集