特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

病院協会長「増床限界」 コロナ宿泊療養開始の和歌山 対策徹底訴え

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
和歌山県病院協会長の上野雄二さん=2021年9月1日午後3時21分、松本博子撮影
和歌山県病院協会長の上野雄二さん=2021年9月1日午後3時21分、松本博子撮影

 新型コロナウイルス感染拡大で県内でも病床が逼迫(ひっぱく)し、1日から宿泊療養施設の運用が始まった。現状について、県内83病院のうち81病院が加盟する県病院協会の上野雄二会長(72)に聞いた。【松本博子】

――7月から県内でも始まった「第5波」の特徴について

 デルタ株の感染性、感染力により影響が大きく出て全年代の病気になった。一方でワクチン2回接種率が50%を超え、高齢者の感染や死亡例は明らかに減っている。高齢者の多い病院や福祉施設内の感染が散発しているが人数は少ない。その程度でとどまっているという見方もできる。

――8月下旬に病床使用率が90%超となり、570床まで増やしました。まだ増やせますか

この記事は有料記事です。

残り1224文字(全文1525文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集