浮世絵で港区の名所「散歩」 江戸後期から昭和まで、89点紹介 12日まで /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
歌川広重(三代)の「東京品川海辺蒸気車鉄道之真景」
歌川広重(三代)の「東京品川海辺蒸気車鉄道之真景」

 江戸時代後期から昭和までの浮世絵89点を紹介する企画展「港区浮世絵さんぽ」が、白金台の港区立郷土歴史館で開かれている。12日まで。

 江戸庶民の娯楽であった浮世絵には、現在の港区内にある増上寺や愛宕山などの名所が登場した。描かれた場所に足を運べば、街の移り変わりを楽しむこともできる。

 展示の目玉である歌川広重(三代)の「東…

この記事は有料記事です。

残り131文字(全文293文字)

あわせて読みたい

注目の特集