「豊かな自然 多くの人に」 地域おこし隊に4人着任 京丹後 /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
地域おこし協力隊の新メンバーとして活動する(左から)足立さん、谷村さん、前川さん、平岡さん=京都府京丹後市で、松野和生撮影
地域おこし協力隊の新メンバーとして活動する(左から)足立さん、谷村さん、前川さん、平岡さん=京都府京丹後市で、松野和生撮影

 京丹後市の地域おこし協力隊に新メンバー4人が加わり、市役所峰山庁舎で1日、着任式があった。市の会計年度任用職員として活動し、任期は最長3年間。市では現在、ほかに隊員5人が活動している。

 協力隊は、都市部から過疎地域に移住し、地場産品の開発などを支援したり、農林水産業に従事したりすることで、活動地域への移住・定住を促進する取り組み。

 新メンバーは、足立樹律(きり)さん(28)▽谷村衣理さん(40)▽前川典代さん(35)▽平岡紫保さん(46)―で、いずれも京都市から移住した。

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文529文字)

あわせて読みたい

注目の特集