特集

秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋の高校野球

28チームで熱戦 県大会18日開幕 対戦相手決まる /徳島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
引いたくじの番号を読み上げる徳島市立の山神凰輝主将=徳島市北田宮1の県教育会館で、国本ようこ撮影 拡大
引いたくじの番号を読み上げる徳島市立の山神凰輝主将=徳島市北田宮1の県教育会館で、国本ようこ撮影

 18日に開幕する第74回県高校野球秋季大会(県高野連主催)の組み合わせ抽選会が2日、徳島市北田宮1の県教育会館であり、28チーム(30校)の対戦相手が決まった。上位3チームは、来春のセンバツ大会出場校を選ぶ際の重要な参考資料となる、秋季四国地区高校野球大会(愛媛で10月23日開幕)に進出する。

 抽選会では、前年優勝した鳴門が優勝旗を返還した後、各校の主将らがくじを引いた。阿波西、穴吹、城ノ内は合同チームとして出場する。鳴門、池田、生光学園、徳島商の4校がシード校となった。夏の選手権大会で甲子園に出場した阿南光の矢野隆太主将(2年)は「課題となっている打力を上げて結果を出し、センバツでもう一度夢の舞台に立ちたい」と意気込んだ。

 会場はオロナミンC球場(鳴門市)とJAアグリあなんスタジアム(阿南市)で、決勝は10月3日の予定。【国本ようこ】

第74回徳島県高校野球秋季大会組み合わせ
第74回徳島県高校野球秋季大会組み合わせ

【秋季大会2021】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集