糸島の子ども受け入れへ 西区の保育所 「広域利用」要望受け /福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 福岡市西区の保育所が11月から、隣接の糸島市の子どもを受け入れることになった。居住地と違う自治体の保育所を利用する「保育所の広域利用」を福岡市保育協会(増本律秀理事長)が求めていた。糸島市で9月上旬、利用申し込みを受け付ける。

 福岡市子育て支援部によると、市は近年、保育所を整備し、待機児童は最多だった2012年の893人から21年は2人に減少した。国は広域利用を認めているものの、福岡市は待機児童解消を重視し、他自治体の子どもを受け…

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文546文字)

あわせて読みたい

注目の特集