特集

2021自民党総裁選

岸田文雄首相による新内閣が発足しました。内閣について考察した記事や各国の反応をまとめています。

特集一覧

切り札の人事難航で「詰み」 自民総裁選、構図一変 菅首相退陣

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党臨時役員会に向かう二階俊博幹事長(中央)とその後ろを歩く菅義偉首相=東京都千代田区の自民党本部で2021年9月3日午前11時31分、野間口陽撮影
自民党臨時役員会に向かう二階俊博幹事長(中央)とその後ろを歩く菅義偉首相=東京都千代田区の自民党本部で2021年9月3日午前11時31分、野間口陽撮影

 菅義偉首相は再選意欲を示していた自民党総裁選への立候補を見送り、退陣が決まった。新型コロナウイルス対策の不手際で内閣支持率が低迷し、党内の「菅離れ」が急速に進行。打開を狙った党役員人事も難航し、万策尽きて「詰み」の状態に陥った。党内では総裁選への動きが活発化したが、「国民不在の政争」と冷ややかな見方もある。

 3日午前の自民党本部。菅首相は二階俊博幹事長の後ろに付き従うように、党臨時役員会の部屋へと歩いて向かった。首相はその直前、幹事長室に立ち寄って二階氏に「総裁選不出馬」を伝えていた。

 二階氏は役員会後、記者団に「正直びっくりしている」と語った。首相は前日夕に出馬意欲を伝えたばかりだった。「いつ聞いたのか?」と記者に質問され、二階氏は「今朝聞きました」と言葉少なに答えた。

 総裁選が迫る中、首相は党内に支持が広げられず焦燥感を深めていた。起死回生へ繰り出そうとしたのが党役員人事だ。首相は8月30日、二階氏に幹事長交代を伝達。二階氏の党運営に不満を持っていた安倍晋三前首相や麻生太郎副総理兼財務相に配慮し、支持を取り付ける狙いだった。

 しかし誤算は、その人事刷新案が「首相の『個利個略』にみえる」(党中堅)と理解を得ら…

この記事は有料記事です。

残り3106文字(全文3620文字)

【2021自民党総裁選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集