最高裁判事就任 岡氏「良心フル活動」 堺氏「検事の経験生かす」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
最高裁判所=東京都千代田区隼町で、本橋和夫撮影
最高裁判所=東京都千代田区隼町で、本橋和夫撮影

 最高裁判事に3日付で就任した弁護士出身の岡正晶氏(65)と、前東京高検検事長の堺徹氏(63)が同日、それぞれ最高裁で記者会見を開いた。岡氏は「よく調べ、よく考え、分かりやすく説明することが信条。良心をフル活動させ、同僚裁判官らとしっかり合議したい」、堺氏は「公平で公正、適正妥当な紛争解決を求める国民の期待や信頼に応えたい」と抱負…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文417文字)

あわせて読みたい

注目の特集