特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京2020+1

集めてみれば、手のひらが大輪に みんなみんな、生きてきたんだ 6000人分のハンドスタンプアート 東京

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 赤、黄、緑、青、鮮やかなグラデーションの手形で浮かび上がる太陽のようなひまわりの花。よく見ると、もみじのような小さな手形から、足形まで――。病気や障害のある子供や親、応援する人たち6000人分の手形などで作った「ハンドスタンプアート」が、東京オリンピック・パラリンピック期間に合わせて東京芸術劇場(東京都豊島区)で展示されている。

 プロジェクト代表の横山万里子さん(41)がハンドスタンプを集め始めたきっかけは、長男潤ノ助君にある。重度のてんかんを繰り返す大田原症候群という難病で生まれ、2013年に5歳で亡くなった。

この記事は有料記事です。

残り845文字(全文1105文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集