県、東電HDなどと技術開発 再エネ電力で水素製造 /山梨

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京電力ホールディングス(HD)と東レ、県などは1日、再生可能エネルギーの電気で水素を製造し、熱利用するシステムの技術開発に共同で乗り出すと発表した。政府が脱炭素に取り組む企業を支援する2兆円基金の一部を活用する事業で、総事業費は約140億円、期間は2025年度までとしている。

 水素は燃やしても二酸化炭素(CO2)が発生せず、次世代エネルギーとして期待されている。開発するシステムは水素を作る水電解装置を工場に…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文518文字)

あわせて読みたい

注目の特集