桜の酵母使用、日本酒を発売 大府市 /愛知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大府市などが製造したサクラ清酒「桜舞」。うすにごり酒(左)とスパークリングの2種類をセットで販売する=愛知県大府市役所で2021年8月26日、黒尾透撮影
大府市などが製造したサクラ清酒「桜舞」。うすにごり酒(左)とスパークリングの2種類をセットで販売する=愛知県大府市役所で2021年8月26日、黒尾透撮影

 大府市は、市内の桜の花から採取した酵母を使ったサクラ清酒「桜舞(おおぶ)」を製造した。4日から市内で売り出す。

 同市は市制50周年の2020年に、市の木に桜を指定した。これを受け、桜の木に付く酵母を使って日本酒造りを始めた。県のあいち産業科学技術総合センター食品工業技術センター(名古屋市西区)の協…

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文373文字)

あわせて読みたい

注目の特集