連載

クローズアップ

ニュースの背景を解説、検証、深掘りリポート。

連載一覧

クローズアップ

菅首相退陣 延命策尽き コロナ、迷走重ね(その1) 「人事・解散」党内しらけ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党臨時役員会に向かう二階俊博幹事長(中央)とその後ろを歩く菅義偉首相=東京都千代田区の自民党本部で2021年9月3日午前11時31分、野間口陽撮影
自民党臨時役員会に向かう二階俊博幹事長(中央)とその後ろを歩く菅義偉首相=東京都千代田区の自民党本部で2021年9月3日午前11時31分、野間口陽撮影

 菅義偉首相は再選意欲を示していた自民党総裁選への立候補を見送り、退陣が決まった。新型コロナウイルス対策の不手際で内閣支持率が低迷し、党内の「菅離れ」が急速に進行。打開を狙った党役員人事も難航し、万策尽きて「詰み」の状態に陥った。党内では総裁選への動きが活発化したが、「国民不在の政争」と冷ややかな見方もある。

 3日午前の自民党本部。菅首相は二階俊博幹事長に付き従うように、党臨時役員会の部屋へと向かった。首相はその直前、幹事長室に立ち寄って二階氏に「総裁選不出馬」を伝えていた。

この記事は有料記事です。

残り3314文字(全文3554文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集