特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚

中島京子・評 『時給はいつも最低賃金、これって私のせいですか?…』=和田靜香・著、小川淳也・取材協力

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
『時給はいつも最低賃金、これって私のせいですか? 国会議員に聞いてみた。』
『時給はいつも最低賃金、これって私のせいですか? 国会議員に聞いてみた。』

 ◆『時給はいつも最低賃金、これって私のせいですか? 国会議員に聞いてみた。』

 (左右社・1870円)

脱「お任せ政治」対話が生む希望

 これは一冊の「対話篇」だ。

 対話するのは、最低賃金のアルバイトで生計を支えつつ、音楽や相撲について書くフリーライター(56歳女性)と、次世代リーダーの一人と目される、野党の国会議員(50歳男性)。

 冒頭には、政治不信が列挙される。「安心させてくれない」「働いても時給が安い」「女性差別があたりまえ」「貧困がおいてけぼり」「年金が払えない」「健康を守ってもらえない」。著者は不安を安心に変えるビジョンを国会議員が示せるか否か、政策を読み込み、疑問をぶつけるのだ。

この記事は有料記事です。

残り1059文字(全文1356文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集