特集

東京パラリンピック

東京パラリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

カヌー瀬立モニカ、鍛えた上腕 それでも金メダルとの距離は遠く

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
女子カヤックシングル(運動機能障害KL1)決勝進出を決め笑顔を見せる瀬立モニカ(左)=海の森水上競技場で2021年9月4日、幾島健太郎撮影
女子カヤックシングル(運動機能障害KL1)決勝進出を決め笑顔を見せる瀬立モニカ(左)=海の森水上競技場で2021年9月4日、幾島健太郎撮影

 東京パラリンピック第12日は4日、カヌー女子カヤックシングル200メートル(運動機能障害KL1)の決勝が海の森水上競技場で行われ、2回目の出場となる瀬立(せりゅう)モニカ(23)=江東区協会=は57秒998で7位だった。2016年リオデジャネイロ大会から採用された同競技で日本勢初のメダル獲得はならなかった。

 リオ大会で8位に終わり、涙に暮れてから5年。地元・江東区がカヌーの競技会場となった待望の東京大会だったが、「運やまぐれでなく、実力で確実に狙えるプランを組んでいる」と仕留めにいった金メダルまでの距離は遠かった。

この記事は有料記事です。

残り527文字(全文788文字)

【東京パラリンピック】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集