特集

東京パラリンピック

東京パラリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

瀬立モニカ、医師の道へ 競技は「メダルを取るまで終われない」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
女子カヤックシングル(運動機能障害KL1)で7位に終わったが笑顔を取り戻す瀬立モニカ=海の森水上競技場で2021年9月4日、幾島健太郎撮影
女子カヤックシングル(運動機能障害KL1)で7位に終わったが笑顔を取り戻す瀬立モニカ=海の森水上競技場で2021年9月4日、幾島健太郎撮影

 東京パラリンピック第12日は4日、カヌー女子カヤックシングル200メートル(運動機能障害KL1)の決勝が海の森水上競技場で行われ、2大会連続出場の瀬立(せりゅう)モニカ(23)=江東区協会=は57秒998で7位だった。2016年リオデジャネイロ大会から採用された同競技で日本勢初のメダル獲得はならなかった。

 瀬立が敗れた。トップとの差が4秒040の7位。10秒以上離された2016年リオデジャネイロ大会からは大幅にその差を縮めたが、全体のレベルも上がっていた。「これだけ練習しても、メダルが取れないんだ」。パラリンピックの厳しさを感じていた。

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文677文字)

【東京パラリンピック】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集