新型コロナ 妊婦の優先接種進む 各自治体 配偶者らも対象に /北海道

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 道内で新型コロナウイルスワクチンの優先接種対象に妊婦を加える自治体が増えている。先月、千葉県柏市で感染した女性が早産して赤ちゃんが亡くなった事案を受け、厚生労働省が妊婦の早期接種を自治体に求めたのに応えた形で、配偶者らにも対象を広げている自治体もある。

 国内で承認されているワクチンは妊娠中に接種を受けても問題ないとされるが、胎児への影響などを懸念する妊婦や医療者もいる。だが医療が逼迫(ひっぱく)した状態で妊婦が感染すると、受け入れ先の確保が難しくなり、千葉のケースでは入院調整中に自宅で出産していた。

 これを受け、厚労省は8月23日に早期接種を希望する妊婦への配慮を求める事務連絡を自治体に出した。日本産科婦人科学会なども同14日、「妊娠の時期を問わず接種を勧める」と提言している。

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文861文字)

あわせて読みたい

ニュース特集