特集

北京パラリンピック2022

北京冬季オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

北京冬季パラ、なお影落とすコロナ 開幕は半年後、調整課題

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
パラリンピックシンボル「スリーアギトス」のオブジェ=東京都新宿区で2021年5月、手塚耕一郎撮影
パラリンピックシンボル「スリーアギトス」のオブジェ=東京都新宿区で2021年5月、手塚耕一郎撮影

 東京パラリンピックが5日閉幕。次回のパラリンピックは、北京で2022年3月4~13日に開かれる冬季大会だ。北京は08年に夏季大会を実施しており、夏季、冬季両パラリンピックを開催する最初の都市になる。東京大会からわずか半年後、障害者スポーツの雪と氷の祭典が幕を開ける。

 実施されるのは、アルペンスキーやスノーボードなど雪上4競技とパラアイスホッケーなど氷上2競技の計6競技78種目。夏季大会で採用されている知的障害クラスの採用は見送られた。

 日本は前回の平昌冬季大会で計10個のメダル(金3、銀4、銅3)を獲得した。日本障がい者スポーツ協…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文501文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集