連載

くらしナビ・ライフスタイル・柏澄子

毎日新聞デジタルの「くらしナビ・ライフスタイル・柏澄子」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

くらしナビ・ライフスタイル・柏澄子

わくわく山歩き 笠ケ岳 理屈でなく一目ぼれ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
黒部五郎小舎のテント場から望む笠ケ岳
黒部五郎小舎のテント場から望む笠ケ岳

 山の形や性質を表すときに使う言葉が、幾つかある。「山容」「山姿」「山相」など。「山容」と「山姿」は主として山の形状を表すときに使うが、「山相」はその山のもつ気象条件や地質、植生など周辺環境までも含んだところの、山のプロフィルを述べるときに用いる。

 北アルプスの主稜線(りょうせん)から外れたところに位置する笠ケ岳は、なだらかな長い稜線を左右に流し、山頂部が笠(かさ)の形のようにしゅっととがった端正な山姿をしている。どこから眺めても、「ああ、笠ケ岳だ」と一目でわかる美形であり、登ったことがない者には「登ってみたい」と思わせるにちがいない。かつて登ったことがある者も、その美しい姿にため息をつき、当時の登山を思い出しながら、「また登りたいな」と思わせてくれる。だからこそ私は、笠ケ岳を人に勧めることが多い。かつて登った山を眺め、ため息をつけるなんて最高に幸せだと思うからだ。この写真は、笠ケ岳より少し北に位置する黒部五郎岳のふところに建つ黒部五郎小舎という山小屋のテント場から眺めた、笠ケ岳だ。どこから眺めても美しい笠ケ岳であるが、なぜここからの展望を選んだかというと、このテント場からは前回で紹…

この記事は有料記事です。

残り749文字(全文1248文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集