ロシア、北方領土に税優遇措置導入表明 加藤官房長官「遺憾だ」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
加藤勝信官房長官
加藤勝信官房長官

 加藤勝信官房長官は6日の記者会見で、ロシアのプーチン大統領が北方領土全域に対する新たな税優遇措置の導入を表明したことについて「遺憾だ」と述べ、ロシアに抗議したと明らかにした。

 プーチン氏はロシア主催の国際会議「東方経済フォーラム」で3日、北方領土に進出する企業への主要税を10年間免除する方針を表明。日本を含む外国資本の呼び込みに期待感を示した。これに対して加藤氏は「我が国の立場、首脳間の合意に基づき、日露間で協議してきた北方四島における…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文553文字)

あわせて読みたい

注目の特集