岸防衛相、英空母に乗艦 日英協力「新たな段階」 中国けん制

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 岸信夫防衛相は6日、米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)を訪れ、日本に初めて寄港した英海軍の最新鋭空母「クイーン・エリザベス」に乗艦した。甲板のステルス戦闘機F35Bを視察し、空母打撃群の司令官と意見交換。日英の防衛協力が「新たな段階」に入ったとアピールし、海洋進出を強める中国をけん制する狙いがある。

 視察後、岸氏は記者団に「インド太平洋地域の平和と安定に対する英国の強い意思を感じられた。乗艦することで英国との防衛協力のさらなる進展を国内外に広く発信することができた」と述べた。「自由で開かれたインド太平洋」構想推進に向けた連携も強調した。

この記事は有料記事です。

残り124文字(全文397文字)

あわせて読みたい

注目の特集