特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

立憲と共産、「共闘」でずれる思惑 選挙協力進むか、予断許さず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
臨時国会召集を求める野党合同院内集会に臨む共産党の志位和夫委員長(右)と立憲民主党の枝野幸男代表=国会内で2021年8月17日午後2時18分、竹内幹撮影
臨時国会召集を求める野党合同院内集会に臨む共産党の志位和夫委員長(右)と立憲民主党の枝野幸男代表=国会内で2021年8月17日午後2時18分、竹内幹撮影

 衆院選が近づく中、立憲民主党と共産党の共闘に向けた動きが正念場を迎えている。立憲、共産、社民など野党各党は8日にも、共闘を支援する「市民連合」を介した形で共通政策に合意する見通しだ。だが、立憲側がこの合意で幕引きを狙う一方、共産側は政権構想を含めた立憲との政党間合意を模索しており、思惑のずれが選挙協力に影響を及ぼす可能性もある。

 「来週には一定の前進をお示しできると思っている」。立憲の枝野幸男代表は4日、松江市内で記者団に共産との共闘協議の進展を示唆した。ただ、具体的な内容については「相手もあることなので一方的にお話しするわけにはいかない」と言及を避けた。野党関係者によると、「一定の前進」とは市民連合との政策合意を指し、野党各党は8日にも、市民連合との政策協定を締結する見通しだという。

 共闘を巡って枝野氏と共産の志位和夫委員長が国会内で会談し、協議開始に合意したのは4月27日で、既に4カ月余りが経過している。…

この記事は有料記事です。

残り719文字(全文1130文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集