特集

2021自民党総裁選

岸田文雄首相による新内閣が発足しました。内閣について考察した記事や各国の反応をまとめています。

特集一覧

混迷深める自民総裁選 構図固まらず 衆院選控え乱れる派閥

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党総裁選不出馬について記者団の取材を終える菅義偉首相(左から2人目)=首相官邸で2021年9月3日午後1時9分、竹内幹撮影
自民党総裁選不出馬について記者団の取材を終える菅義偉首相(左から2人目)=首相官邸で2021年9月3日午後1時9分、竹内幹撮影

 自民党総裁選(17日告示、29日投開票)は、菅義偉首相が不出馬を表明したことで新人候補が争う混戦となりそうだ。構図が固まっておらず、党内各派は態度を決めていない。衆院選が近いため、新総裁が「選挙の顔」になるかを優先する議員心理が働き、「人気投票」の側面が強まる。各派の締め付けも利かず混迷を深めている。

特徴は「派閥の流動化」

 「影響を出さないようにしっかりやっていきたい」。河野太郎行政改革担当相(58)=麻生派=は6日、総裁選に出馬した場合、担当する新型コロナウイルスワクチンの業務に支障がないか記者団に問われると、こう強調した。

 河野氏は出馬する意向で、麻生派(53人)では若手を中心に河野氏を担ぐ動きが広がるが、会長の麻生太郎副総理兼財務相は支援に後ろ向きで、派を挙げて支持する態勢になるかは見通せない。河野氏は6日、財務省に麻生氏を訪ねて会談。記者団に内容を問われたが明かさなかった。

 麻生氏が河野氏支持に踏み切れないのは「脱原発」など党の主流から外れた主張をしてきた河野氏に対し、派内にアレルギーがあることを懸念するためだ。麻生派のベテラン議員らは、岸田文雄前政調会長(64)=岸田派=の支持を求めており、麻生氏は派内のバランスに苦慮している。

 河野氏は国民的な人気が高く、衆院選をにらみ党内で支持する動きが強まりそうで、閣僚経験者は「今回は派閥の締め付けは利かないだろう」と指摘する。

 一方、…

この記事は有料記事です。

残り1129文字(全文1732文字)

【2021自民党総裁選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集