BMW初の水素燃料電池車を公開 トヨタと共同でシステム開発

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ミュンヘン国際自動車ショーで初公開されたBMWの燃料電池車=ドイツ南部ミュンヘンで6日、横山三加子撮影
ミュンヘン国際自動車ショーで初公開されたBMWの燃料電池車=ドイツ南部ミュンヘンで6日、横山三加子撮影

 ドイツ自動車大手BMWは6日、同社として初めて市場投入する燃料電池車(FCV)「iX5ハイドロジェン」を初公開した。トヨタ自動車と共同開発した燃料電池システムを使用しているのが特徴。ドイツ南部ミュンヘンで7日から始まる国際自動車ショーに先立って報道陣に公開した。

 FCVはトヨタやホンダといった日本勢が開発・実用化で先行する。BMWはトヨタと2013年に燃料電池分野などで提携しており、「iX5ハイドロジェン」は提携の成果となる。

 欧州自動車各社は脱炭素を加速するために電気自動車(EV)シフトを急いでいるが、BMWはFCVも選択肢として開発を進めてきた。同社のスポーツタイプ多目的車(SUV)「X5」がベースで、22年後半に限定的な生産・販売を開始する予定。

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文671文字)

あわせて読みたい

注目の特集