焼土肥料作る「灰屋」修復へ 草刈りグループが作業 20、23日 参加者募集 丹波篠山 /兵庫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
今回修復する灰屋=丹波県民局提供
今回修復する灰屋=丹波県民局提供

 刈草やわらなどを土といぶして、焼土肥料を作る小屋「灰屋」を復活させようと、丹波篠山市岡野地区で活動する丹波地域ビジョン委員会おかの草刈り応援隊グループが修復作業に取り組んでいる。20日と23日に、土壁を作る作業があり、参加者を募っている。

 焼土肥料は黒豆栽培に使われていたとされるが、化学肥料の普及などで減少。岡野地区に残る灰屋も、倉庫や鶏小屋などに転用され、肥料づくりに使われているものは、残って…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文500文字)

あわせて読みたい

注目の特集