連載

涼をもとめて

毎日新聞デジタルの「涼をもとめて」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

涼をもとめて

青く透き通る輝き 純氷・大和氷室 奈良市 /奈良

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
やや青みがかり、透明度が高い「純氷・大和氷室」=奈良市で、林みづき撮影
やや青みがかり、透明度が高い「純氷・大和氷室」=奈良市で、林みづき撮影

 一般的に48時間かけて凍らせ、ガラスのように透明で溶けにくい氷を「純氷」と呼ぶ。中でも日乃出製氷(奈良市三条桧町)が72時間かけて純度を高め、「大和氷室」と命名した純氷は県外から注文が入るほどの人気だ。

 中孝仁社長(48)によると、7年前、かき氷店に「日乃出さんの氷はいいね」と褒められ、うれしい半面、何のこだわりもなく作る自分を恥じた。「より純度が高く、硬い氷」を求めて全国を歩…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文478文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集