ストレッチャー、高野町職員操作学ぶ 緊急事態備え /和歌山

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ストレッチャーの操作を体験する高野町職員ら=和歌山県高野町高野山の町消防本部で、藤原弘撮影
ストレッチャーの操作を体験する高野町職員ら=和歌山県高野町高野山の町消防本部で、藤原弘撮影

 救急時に傷病者を運ぶ「ストレッチャー」の操作を学ぶ講習会が、高野町消防本部で開かれている。講習を受けるのは町職員だ。2021年4月、同消防本部の職員の新型コロナウイルス感染が判明し、対外的な業務を12日間停止したことを踏まえ、緊急事態に備えて町が企画した。

 ストレッチャーは高さの調整などができ、救急車に傷病者を出し入れする担架のような装置。8月27…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文440文字)

あわせて読みたい

ニュース特集