大阪第5波、退潮兆し コロナ感染減、東京一足早く

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪の第4波と第5波の感染状況
大阪の第4波と第5波の感染状況

 大阪府での新型コロナウイルスの感染「第5波」はいつ収まるのか。9月1日には新規感染者が初めて3000人を超え、人流抑制の限界や若年層への感染拡大など不安要素は消えず、新学期が始まった学校現場を中心に懸念が広がる。一方、先行して感染が拡大した東京では、既に新規感染者数が減少傾向に入った。果たして大阪は東京に続くことができるのか。

この記事は有料記事です。

残り1389文字(全文1554文字)

あわせて読みたい

ニュース特集