岸壁に取り残された犬、巡視艇乗組員が救助 飼い主に届ける

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 愛知県知多市の岸壁に取り残されていた飼い犬を、名古屋海上保安部(名古屋市)所属の巡視艇「みやかぜ」の乗組員らが救助した。

 海保によると4日午後2時ごろ、「(知多市北浜の)北浜ふ頭の岸壁付近に犬が取り残されているので、救助してほしい」と電話通報があった。名古屋市港区の堀川河口付近に停泊中の「みやかぜ…

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文359文字)

あわせて読みたい

ニュース特集