特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

時短でコロナ感染防止、奈良県「効果見えず」 専門医らとデータ分析

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
分析結果を説明する奈良県の荒井正吾知事=奈良県庁で2021年9月7日、久保聡撮影
分析結果を説明する奈良県の荒井正吾知事=奈良県庁で2021年9月7日、久保聡撮影

 飲食店の営業時間短縮(時短)は、新型コロナウイルスの感染防止に効果が見えない――。奈良県の荒井正吾知事は7日の記者会見で、こんな見解を盛り込んだ「感染リスクを下げる正しい感染防止対処方法」を発表した。奈良県立医大の感染症専門医も関わって作成した。

 緊急事態宣言やまん延防止等重点措置では当初、時短が主な対策となった。また、独自の対処措置を取っている奈良県でも複数の市町がこれまでに時短を実施した。しかし、県は時短の期間や感染者数、人流の推移を示すデータを府県や県内市町ごとに分析。その結果、「効果が見えない」との結論に至…

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文654文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集