上智大生殺人事件25年 父「決して諦めない」情報提供呼び掛け

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 1996年に上智大4年の小林順子さん(当時21歳)が東京都葛飾区柴又の自宅で殺害された事件から9日で25年となるのを前に、小林さんの父賢二さん(75)が7日、現場となった自宅跡地を訪れた。順子さんの冥福を祈って建立された「順子地蔵」に手を合わせて事件の早期解決を願った。

 賢二さんは「人生の3分の1を未解決事件の被害者遺族として過ごしてきたことになる」…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文443文字)

あわせて読みたい

ニュース特集