特集

サッカー日本代表

ワールドカップ2022カタール大会出場を目指すサッカー日本代表。代表戦のテキスト速報や最新のニュースをお届けします。

特集一覧

元なでしこ荒川恵理子の今 アフロの41歳「プロができるとは…」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
荒川恵理子=ちふれ埼玉提供
荒川恵理子=ちふれ埼玉提供

 サッカー女子日本代表の愛称が「なでしこジャパン」に決まった十数年前、独特のアフロヘアで活躍した選手を覚えているだろうか。FW荒川恵理子(ちふれ埼玉)。ピッチを駆け続ける原動力、相次ぐけが、アフロの秘密……。41歳の今も現役で、12日に開幕する国内初の女子プロリーグ、WEリーグの最年長選手だ。

 オンラインの画面越しに見える特徴的な髪形は健在で、にこやかに取材に応じてくれた。10月に42歳を迎える年齢については「そもそも自分は41だと思っていない。自分は今も14歳」と、ちゃめっけたっぷり。サッカーに熱中し、どんどん上達したころのまま、とのことだ。一方で直感的にポンポンと答えるというよりは、一つ一つの質問に対して吟味した上で言葉を選ぶ姿が印象的だった。インタビューが終わって「ありがとうございました」と伝えると、「なんか大丈夫でしたか」と気にかけてくれ、温かい気持ちにさせてくれた。

けがの連続、脚切断の危機

 「現役の間にプロリーグができると思っていなかった」と荒川は語る。プロ化の構想が顕在化したのは2019年春。「えっ、…

この記事は有料記事です。

残り1474文字(全文1937文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集